« 11月のAT-X その1 | トップページ | 11月のATファイナル »

2007年10月11日 (木)

11月のAT その2 他

AT-X11月ラインナップの追加情報です。

トリニティブラッドが日土4枠(現CODE-E)で放映決定。
これで鉄の砦角川エンタは完全に崩壊しました。

ハルヒ、らきすた、レンマギも時間の問題・・・だといいのですが。

あとはゾンビローンが水土4枠(現鋼鉄三国志)で放映。
もともとこの枠でやるはずだったMEZZOは月木4枠(旧アイマスゼノグラシア)に移動です。

その他の新着情報を下にまとめます。

  • 再放送枠の土水78(現sola)はフルメタTSR
  • 朝帯枠1は月姫>ポリフォニカ、朝帯枠2はアニマル横町
  • 水土6枠(現ギガンティックフォーミュラ)はとりあえずプロモXで時間稼ぎ

木月2枠(現ぽてまよ)は未定。
おそらく後述の「こどものじかん」が予定されていた枠かと。

@角川よりヒドイ!

ATが「こどものじかん」に対するコメントを出している。
要約すると「視聴年齢制限がイヤで権利元が放映を拒否してきた」とのこと。

仮にATの言い分が真実だとするなら、権利元の考えは全く理解できない。
(もちろんこの言い分はATが自身の交渉失敗を隠すための言い訳、という解釈もできなくはないが・・・)

視聴年齢制限というのは、表現の改変をなるべくしないようにして放映するためのもの。
視聴年齢制限をかけることが表現の自由を守る一番の方法である、ということがなぜ分からないのか。
ATでSchoolDaysの最終回が唯一放映できたのは、視聴年齢制限があってのことだろう。

それにしてもせっかくの全国放映チャンスを棒に振るとは。
ATで放映できないなら他の衛星局ではまず放映はできないぞ。

地上波でも放映局がどんどん減っている模様。
(最初の時点でもたったの4局と異様な少なさでしたけどね)
権利元は本気で事実上の衛星なしネット配信オンリーでいいと思っているのだろうか。

地上波放映局の少なさを考えると、あの角川をも上回る悪質さであることは論を待たないでしょう。

角川の場合は、衛星に回さない場合最低でも札幌福岡には放映している。
・・・まあ五十歩百歩なんだが。

いっそ地上波絶滅ならある意味日本全国平等で、望むところですがね。
ただ衛星での放映がないと録画できないのでやはりマズイ。

・・・そうか、録画させないためにネット配信オンリーにしようとしてるんだ。
年齢制限がどうたらってのもそのための言い訳なんだな!

この外道が!

|

« 11月のAT-X その1 | トップページ | 11月のATファイナル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188377/16730208

この記事へのトラックバック一覧です: 11月のAT その2 他:

« 11月のAT-X その1 | トップページ | 11月のATファイナル »