« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月26日 (水)

9.27死刑執行

SchoolDaysのAT放映について、局からメールが届きました。
以下コピペです。

=====

>AT-X加入者様各位

>「School Days」第12話(最終話)の放送について

>多くの加入者様から放送の有無についてお問い合わせいただいておりました
>「School Days」第12話(最終話)について、下記のとおり放送することと
>なりました。一部で視聴年齢制限機能が設定できない場合があることを
>考慮し、放送時間が変則的となりましたこと、ご了承のほどお願い申し上げ
>ます。

>            記

>9月27日(木)10:30 および 10月1日(月)14:30

>→ 第11話を再放送

>9月27日(木)21:30 および 10月1日(月)24:30

>→ 第12話(最終話)を放送

=====

アナログのケーブルテレビで年齢制限ができないため、昼間の放送は11話の再放送に差し替える、という判断のようです。
つまり最終話の放映チャンスは2度しかない、ということ。

昼間の回を週間予約している人(俺も)は、くれぐれも気をつけてください。
せっかく放映できたのに見逃すなんて、悲しすぎますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

アクセス地域ランキング その2

アクセス地域ランキングの集計対象を、過去7日間に変えてみました。

今日表示されていた結果は、

1位:東京
2位:愛媛
3位:和歌山
4位:大阪
5位:栃木
6位:静岡
7位:福岡
8位:大分
9位:鹿児島
10位:富山

東京が1位になった理由をいくつか考えてみました。

  • 東京MXテレビのラインナップは玉チバtvkに比べやや劣るため
  • 検索エンジンのロボットが来ているのでは?
  • 東京に何人かいると思われる私の大学時代の知り合いがアクセスしている
  • 単純に人口の多さが反映した

東名阪の人にとってもスカパーにはメリットがありますからね。
定時性とか、リピート放映とか。
むしろ東名阪の人にそういうスカパーのメリットを強調していくことが、スカパーアニメの増加につながるんじゃないか、とも思うのです。

でもやっぱり大分や富山のような本当に地上波がどうしようもない所からのアクセスのほうが、個人的には励みになりますね。

まあ、うちの1日平均アクセス数は10程度なので、どんぐりの背比べといった感じですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

10月の衛星まとめ

10月のATほぼ確定もご覧ください。

今回は衛星媒体で10月開始のアニメについて、以前伝えそこなった情報をまとめて提供します。

@BSデジタル

メイプルストーリーBSジャパンでもグレンラガンの後釜放映のようです。
また、おはコロは放映時間が変わる模様。

あとBS-iで18日にやる「ひだまりスケッチ特別編」をお忘れなく。
地上波放映はないので衛星民にとって地上波組を「見下せる」チャンスですよ。

@スカパー

AT-Xでこはるびよりの後にあった未定時間にAIKaR-16が3話連続で入りました。
3話目は初放映です。

あとシーエスGyaOでダ・カーポ(無印)が開始。
アニメTVがATで見られるようになっても解約させない気満々ですね・・・
ま、そう来なくっちゃだけど。

ファミ劇では、なのはSSを一挙放送。
1か月分の料金で6か月分楽しむチャンスです。

@スカパーアニメ1話から一覧

ぴあ版スカパーガイドの索引から1話から放映のものだけを抜き出して、チャンネル別にして下に載せておきます。

パワープラッツ

  • 戦えイクサー1(録画可)

パーフェクトチョイス

  • 鉄コン筋クリート(録画可)
  • 湾岸ミッドナイト7話・8話 (録画不可)
  • Phantom~ファントム~THE ANIMATION OVA(録画可)

チャンネルNECO

  • 神秘の世界エルハサードOVA
  • 天上天下
  • メルティランサーOVA

カートゥーンネットワーク

  • 荒野の少年イサム

キッズステーション

  • 一期一会恋バナ友バナ
  • エンジェルハート
  • カタカナカンタン
  • ギャグマンガ日和
  • げんしけん2
  • コロコロアニマル
  • 侍ジャイアンツ
  • サンリオぽこあぽこ
  • 地獄少女
  • シティーハンター
  • シャンプー王子
  • ダカーポ2
  • はぴはぴクローバー
  • ハローキティりんごの森のファンタジー
  • ふしぎの海のナディア
  • ブラックジャック21
  • ベルサイユのばら
  • ぽかぽか森のラスカル
  • ムスティ
  • らんま1/2
  • ルパン3世

日テレプラスサイエンス

  • きまぐれオレンジロード
  • 巨人の星特別編
  • デスノート完全決着版

ファミリー劇場

  • 機動戦士Vガンダム
  • 鉄子の旅
  • なのはStrikerS
  • 幽遊白書

TBSチャンネル

  • 銀河鉄道物語 永遠への分岐点
  • SEED DESTINY特別編

東映チャンネル

  • 魔法のマコちゃん

時代劇専門チャンネル

  • PEACEMAKERクロガネ

シーエスGyaO

  • D.C.~ダ・カーポ~(無印)

アニマックス

  • アニマル横町
  • 機動戦士ガンダム
  • ガンダムSEED
  • 機動戦士Zガンダム
  • ケロロ軍曹
  • 攻殻機動隊SAC
  • コードギアス
  • 砂沙美シーズン2
  • シュヴァリエ
  • ダンクーガノヴァ
  • ど根性ガエル
  • ハヤテのごとく
  • ふたりはプリキュアマックスハート
  • 名探偵コナン

AT-X

  • AIKa R-16
  • NHKにようこそ
  • ef
  • ケロロ軍曹(2期)
  • 獣神演武
  • しゅごキャラ
  • スクラン2学期
  • スケッチブック
  • セイントオクトーバー
  • sola
  • ながされて藍蘭島
  • ヒロイックエイジ
  • ふしぎなコアラブリンキー
  • ふたご姫Gyu
  • 武装錬金
  • プリズムアーク
  • しずくちゃんあはっ
  • みなみけ

フジテレビ739

  • カペタ

トゥーンディズニー

  • 韋駄天翔

@衛星放映が現在未定の今秋開始アニメ一覧(16本)

テレ東:バンブーブレード、ドラゴノート、素敵探偵ラビリンス
キー局:カイジ、ネウロ、もやしもん、しおんの王、はたらキッズ
在阪:ガンダム00(土6)、シャナ2、キミキス
独U:ブルードロップ、こどものじかん、もっけ、Myself;Yourself、レンタルマギカ

@ついでに

Canvas2のPPV放映、覚えてますか?
相手はあの角川ですから、即確保したほうがいいと思いますよ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

視聴年齢制限・改訂版

前回の記事なんだが、私の認識がだいぶ的外れだったので書き直します。

スカパーの視聴年齢制限の仕組みなんですが、やっぱりスカパーのチャンネル送信側で制限年齢を決めているようです。
AT-Xの場合は15禁。
他のチャンネルだと18禁の番組もあるかもしれない。

で、チューナーで設定できる足切り年齢を14歳にすると、15禁も18禁も視聴に暗証番号が必要になる。

足切り年齢を17歳にすれば、18禁の視聴は要暗証番号だけど、15禁の視聴は暗証番号なしでできるようになる。

足切り年齢が19歳なら、15禁も18禁も普通に見られるようになる。
これは足切り年齢設定のない初期状態でも同じこと。
ただ設定なしだと成人向け番組のタイトル隠しができない。

というわけで、15禁だろうと18禁だろうと、見せたくなければチューナーの設定を変えればいい、というのが結論です。

「見せないようにする設定ができる」というのが重要なのであって、それが15禁か18禁か、というのはそれほど問題ではないと私は思うのです。

ところが、今回の事件ではそうもいかないのではないか、と思わざるを得ない。

今回の問題点をまとめると、

  • ATが設定するのは15禁のみで、18禁を設定したことはない
  • 今回の事件の犯人は15歳以上、つまり15禁では規制がゆるすぎる

この2つの点を総合すると、ATでの放映は厳しいのではないか?という見方になるのは仕方がない。

ただ放映予定日まで1週間を切っているのに中止の話がないのは不自然だ。
その点では放映可能性はかなり高い、という見方もできる。

まあ、地上波用の修正版を作る、という話もあるので、それだったら放映はできるような気もする。

頼むからスクイズ最終話放映してくれよAT。
ここで放映すればアニメ専門チャンネルとしての株が上がるんだから。

・・・個人的にはグロシーンなんて見たくもないんですけどね。
血みどろ展開になる前のサービスシーン目当てで録ってただけだし、スクイズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

AT-Xの「視聴年齢制限」って?

※この記事の消し線部分(これ)は間違いですので注意。正しくは上の記事で。
(07.09.24追記)

京都府で雛見沢系の惨劇が起きてしまったせいで、地上波ではひぐらし解やSchoolDaysの放映中止が相次いでいるようです。

地上波で見れない我々地方アニヲタには、関係ありませんが。

こうなると注目されるのが我らがAT-X。
この記事を書いている現在、唯一スクイズの放映中止を明言していない局です。

ATは番組に視聴年齢制限をかけられるので、多少のグロ表現は問題ありません。
エルフェンリートという武勇伝もあります。
南関東独U局に対してATが優位に立てる、数少ないセールスポイントの一つです。

しかし、問題は京都府の事件の犯人の年齢。
15歳以上なんですね、あの子。

「あちゃー、15禁じゃ放映できないよ・・・」と思うでしょ?
でも、問題ないんですね、これが。

ATの「視聴年齢制限」は、15禁ではないんです。
「何歳から見ていいか」を、視聴者の判断で決められる、という意味なのです。

つまり「15禁じゃダメだな」と思ったら、チューナーの側で18禁の設定をかければいいのです。
足切り年齢の設定はチューナー側でできる、という仕組みなわけです。

しつこいですがもう一度だけ。
年齢制限をかけるのは、視聴者自身です。

視聴年齢制限の仕組みについては、あまり理解がなされてないようなので、この事件を期に紹介してみました。

ちなみに初期設定では、この年齢設定はされてません。
「年齢制限番組は0歳以上で視聴可能」という設定になっているはずです。

お子さんのいらっしゃる方は、これを機会に設定してみてはいかがでしょうか。

※年齢制限をかけると、録画予約に影響が出る場合がありますので、注意してください。

あと、アナログのケーブルテレビではこの機能は使えないらしいです・・・
これがスクイズAT放映における目下最大の障害、ですかね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

アクセス地域ランキング

地方アニヲタに役立つように、衛星のアニメ情報を掲載する・・・

というポリシーで現在やっているこのブログですが、実際地方アニヲタはこのブログを見てくれているのでしょうか?
このブログは、本当に地方アニヲタの役に立っているのでしょうか?

・・・という疑問に答えるべく、このブログがどこからアクセスされたかを、サイドバーに表示することにしました。
毎日更新で昨日の集計結果が出るようになってます。

さあ、地方の力を今こそ見せつける時だ!
アクセス数で東名阪を圧倒してやれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

地デジ難民にキー局をプレゼント

アナログ放送終了に伴いテレビが見られなくなる世帯が発生する見込みなのだが(いわゆる地デジ難民)、その世帯に対して衛星でキー局の放送を送信することにしたらしい。
(もちろん電波難民のみの支援策、経済難民は別問題)

http://www.asahi.com/culture/update/0913/TKY200709130412.html

リンク先の記事コピペ:
総務省は13日、地上波テレビのアナログ放送を停止してデジタル放送に移行させる11年7月時点に、全世帯の1%にあたる最大60万世帯で、これまで受信できたテレビ放送が受信できなくなるとの見通しを明らかにした。暫定措置として衛星経由で東京の地上波を送る方針だが、対象世帯はアンテナ設置などの負担を迫られそうだ。
(中略)
このため、総務省は今後、衛星による暫定放送の期間や費用負担について各放送局と協議する。並行して、高速インターネット網を使って流すIP(インターネット・プロトコル)放送の活用も検討する。 (以下略)

記事を読む限りBSなのかCSなのかは明言されてはいないが、おそらく「大東諸島方式」を流用するのではないかと私は思う。

沖縄県の大東諸島は、本島のずっと東にあるので、電波が届かないのはもちろん、海溝が横たわっているので海底ケーブルも引けない。
そこで対小笠原諸島用のキー局CS再送信を大東諸島でも受信させる、という裏技でテレビ放映を実現しているのだ。

でもこの「大東諸島方式」は、所属する県にある系列のキー局しか見られない制限がかかっている。
県境やぶりのせめてもの自制、ということだろう。
沖縄の場合は日テレ系列とテレ東系列がないので、大東諸島で見られるのはTBS、フジ、テレ朝の3局のみということになる。
(もちろん小笠原ではテレ東もMXも見られる、東京都だから)

つまり沖縄本島よりも大東諸島はアニメに恵まれている、ということ。
(一方で地元局の琉球朝日が放映しているポケモンは見られないが・・・)

まとめると、
利点:地元に系列局さえあれば、キー局を見ることができる
欠点:地元や在阪局、系列外の番組は見られなくなる

街よりも山奥のほうがいい番組を見られるとは、なんとも皮肉な話だ。
特に道東地域の地デジ難民などは、一足飛びにテレ東本局を見れることになるのでウハウハだろう。
(そのかわり北関東の私と同じ、独Uの角川アニメが見れない苦しみを味わうのだがな!)

今回のはあくまでも暫定処置なので、地上デジタルの設備が完全に整いアンテナ受信できるようになればキー局の受信は止められてしまうだろう。

しかし、その段になって「はいそうですか」とキー局から地元局に切り替えられるだろうか。
まして地方局の財政では、地上デジタルの設備をいつまで経っても整えられない可能性もあるだろう。

あとはIP再送信がどうなるかも興味深いポイント。

現状のCS再送信が在京局(テレ東・MX含む)でしか行われていない(というより、沖縄の地元局を大東諸島に送信しない)のは、東京が衛星への送信所に近いためそこまでの回線料が安く済むからだ。
もちろんキー局が一番儲けているから、でもある。

したがってIP再送信が実現すれば、何もキー局を送信する必要はなくなる。地元局のIP再送信で地デジ難民を救済する方向になるだろう。
今回の件だけで短期的に見ればIP再送信は実現しないほうがいいかもしれない。

だが「放送ビッグバン」にはIP再送信の実現が必要なのだ。
インターネット回線を使うIP再送信は、県境を越えることができるからだ。
当然、地元局は区域外の視聴を防ぐようにするかもしれないが、妥協案として有料でなら区域外からの視聴ができるようになるかもしれない。

有料の縛りというのは私たちが思っているよりも高い。日本最大の有料チャンネルであるキッズステーションでさえ日本の1/8にしか普及していないのだ。そして日本の1/4が見られるはずのアナログBSですら視聴率調査の対象外である。

また、系列の縛りを持たない独立U局は積極的に有料でのIP再送信事業に乗り出してくれるかもしれない。

起きないかな~放送ビッグバン。
実現すれば地域格差なんて過去の話になるのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビッグトリプルがー!

今日ウェンディーズに行ったら、メニューからビッグトリプルがなくなってました・・・

俺の肉3枚を返して!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

10月のATほぼ確定

ようやくAT-Xの10月新番組が確定。

@新作TVシリーズ(7本、テレ東全日2本+テレ東深夜3本+独U2本)

  • しゅごキャラ(金火5・旧平井エイジ)
  • しずくちゃんあはっ(日土2・旧ぼくらの)
  • 獣神演武(月木2・旧藍蘭島)
  • スケッチブック(木月4・旧スクイズ)
  • みなみけ(木月6・旧グレラガ)
  • ef(月木3・旧しずく)
  • プリズムアーク(木月7・旧ドージン・月曜が初回)

「この6作品の中の1つが・・・☆キラリ」は予想通りefでした。
わかってたはずなのに、なんでだろう・・・涙が止まらないよ。

社員ヌッ頃していい?

もちろん角川の。

あとプリズムアークの初回が月曜になる点に注意。

@OVA枠

7日:バルドフォースエグゼレゾリューション(1・2話)
14日:こはるびより
21日:バルドフォースエグゼレゾリューション(3・4話)
28日:苺ましまろOVA(3話一挙)

バルドフォース~はPPVでやったもの。
こうなることを予期して待ってた勝ち組やPPVできなかったe2組はどうぞ。

フルメタOVAはTSRの14話として放送。

あと、こはるびより放映後に未定時間があるが、ストレイトジャケットはここじゃないの?

@すたチャンX

ながされて藍蘭島(前半)、ヒロイックエイジ(後半)

@再放送(4本)

  • 武装錬金(火日12・旧ひとひら)
  • セイントオクトーバー(水日12・旧すももも)
  • sola(土水78・旧ふもっふ)
  • NHKにようこそ(日金12・旧パンシザ)

@その他

  • ふしぎなコアラ・ブリンキー(月木56・旧トランスGF)
  • Spilit of Wonder(変則スケジュール)

あからさまな穴埋め目的放映のスピリットオブワンダー。
ATは何かを待っているのだろうか。
・・・ということは月日枠と木日枠も新番組枠になるのか?

@帯枠

スクラン2学期(夜帯12)>ケロロ軍曹(2期・夜帯1)+ふたご姫Gyu(夜帯2)

2話連続をやめてしまうので、2か月以上番組がサトジュン固定・・・

ここで、AT以外の秋季新番組もチェック。

@キッズステーション(秋季は新作3本予定)

げんしけん2(金日)ダカーポ2(水日)

主な再放送は学園アリスと地獄少女。
あとナイトウィザードが11月から開始。

やっぱりやる気が出てきたのか?

@アニマックス(新作・衛星初放映共になし)

ハヤテのごとく、砂沙美魔法少女クラブ2期、シュヴァリエ

いずれも全国媒体放映済みだが、シュヴァリエは確かスクランブル放映だったはずなので見てみるいい機会かも。

主な再放送はケロロ軍曹、コードギアス、ダンクーガノヴァ。

@BSデジタル(現段階で3本)

  • クラナド
  • 逮捕しちゃうぞフルスロットル(以上BS-i)
  • ご愁傷さま二ノ宮くん(BS朝日・アニメ魂)

@WOWOWスクランブル

ゴーストハウンド、ムーンライトマイル2期

ノンスクの新番組がない・・・

@その他

ファミ劇でよゐこのなんたらかんたら、あとカトネに1本洋物がある。

というわけで、新番組全体の半数に当たる17本が衛星放映決定している。
あとはBSジャパンでグレンラガンの後釜にメイプルストーリーをやるかどうか、といったところか。

@衛星放映が現在未定の今秋開始アニメ一覧(17本)

テレ東:バンブーブレード、ドラゴノート、素敵探偵ラビリンス、メイプルストーリー
キー局:カイジ、ネウロ、もやしもん、しおんの王、はたらキッズ
在阪:ガンダム00(土6)、シャナ2、キミキス
独U:ブルードロップ、こどものじかん、もっけ、Myself;Yourself、レンタルマギカ

レンマギ以外の衛星放映可能性は十分にあると思うのだが、最近キー局系の衛星放映が鈍化しているような気がする。

日テレ・フジ系の深夜アニメは系列のCS局やアニマックスで1年以内に放映されるのが、過去のデータからだと定石になっているようなのだが・・・

この件に関しては調査してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

いつになく意味深なつぶやき・・・

以下はAT-X公式サイト中「社員のつぶやき」のコピペです。
(2007.08.28 Posted by > No.8)

>◎●番組リクエストランキング●◎
>(8月20日~8月26日分)

>★放送希望番組★

>1位「らき☆すた」
>2位「涼宮ハルヒの憂鬱」
>3位「ケンコー全裸系水泳部ウミショー」「魔法少女リリカルなのは」
>5位「BLACK LAGOON」
>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
>6位は「ef-a tale of memories.」です!!
>この6作品の中の1つが10月からスタートするとよいのですが・・・☆キラリ

この6作品の中の1つが10月からスタートするとしたら6位のefで決定でしょう。
・・・じゃ「☆キラリ」の意味は?

ほら「コメットさん☆」とか「UG☆アルティメットガール」とか・・・
どうせ期待されているものなんて来ないって!

まあ発言の真意は10日、遅くとも13日には明らかになるので期待しないで待ってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめにお読みください

そういえば、このブログのまっとうな紹介をしてなかったね。

さべっじぷらすは、スカパーとBSデジタルでアニメを見る人のためのブログです。
地上波が糞で糞でやってられない地方アニヲタのブログ、とも言います。

私が住んでいるのは栃木県の宇都宮郊外だが、関東に住んでいながら地方アニヲタを名乗るのに反感を抱く人も少なくないと思う。

だがかつて「新世紀エヴァンゲリオン」が見られなかったのが地方民の定義なら、2006年に「涼宮ハルヒの憂鬱」が見られなかった私が地方アニヲタを名乗ることに文句はないはずだ。

というわけで、スカパーやBSデジタル、あとWOWOWなど、全国で視聴できる衛星媒体のアニメ放映状況についていろいろ記事を書いていくつもりです。

以前「夢使い」と「パピヨンローゼ」のBSデジタル放映開始を知らずに見逃してしまったことが、私のトラウマになっているんですね。

BSデジタルのアニメ放映予定って、どこも大きく扱わないんですよね。
それも遅れ放映ならなおさらです。
スカパーは専門の番組情報誌があるんですが・・・

「あの時、衛星媒体でのアニメ放映予定が集約されたサイトがあったなら・・・」

その思いが私にこのブログを作らせました。

@地上波に期待するの、やめない?

いきなり質問、静岡県の人口は何万人でしょう?
答えは約380万人。全国10位の人口です。
東名阪と北海道・福岡以外では最も人口が多い県なんですよ。
あと、静岡県はなんと京都府より人口が多いんです。

でも、アニメ少ないんですよ、静岡県。
県人口が400万近くあっても、映像会社はその県のテレビ局の枠を買ってくれないんです。

地元のテレビ局に「アニメやれ」って言っても、ムダなんです。
うちの県域局は関東一のダメ独Uなもので、言いたくなる気持ちはよく分かるんですけどね。

スポンサーがつけばアニメを買えるのでしょうが、地元局で買ってくれるのはせいぜい「水曜どうでしょう」あたりが関の山です。
アニメじゃないし。

それに少ない予算とは逆に本数が多いので、どう考えても、地元局だけで東名阪並みにアニメが見れるようになるとは思えません。

@現実的な方法でアニメの地域格差を解消しよう

これは「アニ鳴館」さんの受け売りなんですが、スカパーとBSデジタルの衛星媒体だけで9割のアニメを見ることができます。
(見れるとはいえ有料で遅れ放映だったりしますが・・・)

「DeepParanoia」さんのデータによると、北関東の地上波で見れるアニメは6割止まりなので、これはすごいことだと思うのです。

私は週35本以上のアニメを録画してますが、そのうち地上波録画は片手で数えられる程度です。
ほぼスカパーに依存しているといっていいでしょう。

全てのアニメを地元で見たいなら、全てのアニメを地元局に放映させるより、わずか1割の全国媒体未放映作を衛星で放映させるほうがはるかに現実的で、実現性が高いと思いませんか?

盲目的に「地方でもアニメやれ」というのではなく、衛星媒体で放映しないアニメを0にすることで、地域格差を無くすべき。
それが「三池嵐次郎のSavage★Night+」のスタンスです。
衛星未放映0を実現できるならスカパー放映の遅れや視聴料金の格差は後回し、とも思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

隣県波の相場は月300円

私も回答した、DeepParanoiaさんの「区域外再送信が有料になったらいくら出せるか?」というアンケートの結果が出ています。

ケーブル料金にプラス300円という回答が多かったようです。

実態としてはケーブルテレビに料金を払って見ているので有料放送である上に、もともと無料だったのを有料にするのだから、そんなには出せない」というのが大方の意見。

DVDの1話当たり3000円よりマシな値段だったら私は払えますが、そんなに視聴に対しての代金って皆さん払えないものですか?
(現在無職の私が言うせりふじゃないですが・・・)

ケーブルの基本料金自体がそれなりにかかるでしょうが、それは高速インターネットも含めての値段ですよね?

視聴&録画の代わりにDVD買ってたら、月額12000円以上は確定というとんでもない計算になるんですが(しかもネットは別料金)それよりマシだと思えませんか?

@ケーブル再送信じゃ地域格差は解決しない

今回の件で「地元局に文句を言う権利はなし」ということが明言されて、デジタル化に関する区域外再送信中止問題は一応の決着を見ました。
以前から言われてはいたことですけどね・・・大臣裁定で再送信が認められなかった例はないんだから。
むしろ今回の決定は「再送信される局に金払え」という意思表示に取れる。

しかし、今までどおりの区域外再送信が認められたところで、それはただの現状維持。
(実際に有料化されたならむしろ悪化です・・・)

元から区域外再送信をしていなかったケーブルの視聴者や、ケーブルテレビの提供エリア(ホームパス)外の住民には依然として、直接受信できない他県波が視聴できる手段はないわけです。
(私の家もホームパス外です。ケーブルさえ来ればテレビ埼玉が見れるのに・・・)

本来、ケーブルテレビなどの有線方式は人口密集地ほど有利な伝送方式ですから、地方や郊外ほど不利になり切り捨てられてしまいます。
つまり地域格差を解消してくれるメディアにはなり得ないんです。

だからこそNHKの難視聴対策は衛星放送で行われたわけですが。
小笠原や大東諸島への地上波再送信はCSで行われているわけですが。

せめて系列に縛られない独U局だけでも全国対象のCS再送信をやってくれれば、全国媒体未放映アニメの問題はかなり解決するんだが・・・

それ以前に角川がスカパー放映するだけでかなり解決するんだが。
バカドカワは死ね、氏ねじゃなくて、死ね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »