« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

AT-Xの放映実態を調べてみました

キッズステーションが逃げ出したせいで、ATがほとんど全ての独Uアニメをカバーしなければならなくなってしまったことは、皆さんご存知でしょう。

アニマやファミ劇、BS朝日でもカバーしていますが、彼らの力は微々たるもの。
せいぜい1クールそれぞれ1~2本が限界でしょう。

そこで今回は、われらがATの放映能力を分析してみました。

1月7月と4月10月で新番組数に差があるので(前者の新番組数はだいたい後者の半分)、半年単位で考えてみましょう。

半年でATに出来る空き枠は、だいたい80オーバー。そのうち新番組が入るのは、約半数の40程度。残りは再放送に使われます。

新番組枠のうち、その約半数は、テレ東の新番組で埋まります。とくに深夜枠からはほぼ確実に持ってきます。

というわけで、残り枠は20程度になります。それを他から持ってきたアニメで埋めるわけですが・・・

さてここで問題。テレ東以外のアニメはテレ東のアニメに対してどれだけあるのでしょうか?

答え。テレ東のアニメはアニメ全体の約30%なのでそれ以外のアニメは約70%。つまりテレ東の2倍以上あるわけです。

関東での独Uアニメだけに限定しても、アニメ全体の40%、テレ東以上の分量です。

当然、ATだけではカバーしきれないわけですね。

枠を増やす方法は3つ。

  • BSジャパンと調整してテレ東アニメは適正配分する(全日帯アニメはBSJにまかせATは深夜枠に専念する、+12枠程度)
  • 古いアニメの放映を一切しない(エヴァ・さくら以前のは不要、+6枠程度)
  • 単純に再放送を減らす

まあ、枠数の問題でなく資金・権利の問題で放映できないなら、枠増やしても意味ないですけどね。

BS朝日の増枠を期待したほうがいいかもしれないな・・・(コピワンが嫌だけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

AT-Xの不安要素 他2本

@AT-Xの不安要素

風のスティグマが来ない・・・

アニメ魂枠の作品は、AT-Xにとって目玉の一つであるはず。
それが今年に入ってから、全く放映されていない。

ATはアニメ魂枠をやめたのだろうか?
それとも例によって極悪利権屋の角川が渋ってるだけか?
(それだとショートDEをやらない理由がわからないが)

アニメ魂枠はBS朝日でもやっているので、仮にATがやらないとしても地域格差はすでに解消されている。
アニメ魂枠をやらない分、他の全国媒体未放映アニメを持ってきてくれるのなら、そのほうがいい。

しかしBSデジタルはスカパー以上に手が出しにくいシロモノ。
視聴は無料とはいえ、デジタルテレビも単品チューナーも値段が高すぎる。

アニメ魂枠はせっかく、今まではぶられてたチバ玉や民放過疎区域の福井県でも見られるようになったのに、ATで見られなくなったら逆に悪化してるようなものだろう。
コピワンのこともあるし、ATでやれるならやってもらいたいのも事実だ。

いずれにせよ、ATには地域格差是正のため頑張ってもらいたいものだ。

@6月まとめ

ATは自分で公式サイトを見てくれ、それ以外のチャンネルを紹介するから。

パーチョ:バルドフォース エグゼレゾリューション(録画可)

パワプラ:今日の5の2 春休み(録画可)

ファミ劇:鉄子の旅

TBSチャンネル:ローゼンメイデン

@7月新規情報

7月期独U予定の「ドージンワーク」とBS朝日で放映中の「桃華月憚」がATに来ます。

また、キッズにゼロ魔2が控えてることを、忘れないであげてください。
・・・まだ先の話だけど、ダカーポ2とげんしけん2もキッズでいいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

転進

資金難のため、深谷から撤退することにしました。

らきすたの録画はすでに失敗済みなので、シャイニングティアーズクロスウィンドが録れなくなるだけで損失が済みました。

エマ第二幕や大江戸ロケットに興味があったらこうはいかなかったな。

それにそれらはいずれATかアニマでやるだろ。

らきすた以外は・・・(泣)

待ってろよ埼玉・千葉、今に仕事見つけて再侵攻してやるからな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

ヒヤヒヤさせるなよ~

アイドルマスターゼノグラシアのAT放映が5月21日で正式決定です。

・・・一連の騒ぎの内幕は不明ですが。

ついでにフルメタセカンド7月放映決定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

どうなる?ゼノグラシア

アイドルマスターゼノグラシアの放映が、東海テレビ(愛知岐阜三重のフジ系局)で突然中止になった・・・というヒドイ話で騒ぎになっているそうな。

なぜこういう事態になったのかを説明するいくつかの仮説は、

  1. ヤミ帽や「おくさまは女子高生」と同じ(放映回数が取れなさそうだったので製作委員会がドタキャンした)
  2. 製作委員会が先走って放映すると言っただけ(東海テレビの言い分、信用には値しなさそう)

と、ここまでは中京広域圏だけの問題。大多数の地方や東京圏阪神圏には何の関係もない話。

ところが、「大多数の地方」にとっては、ひとごとではない事態になりつつある。

この問題に関係あるのかわからないが、AT-Xでの放映開始予定日の表示がなくなってしまっているのだ。

あくまでスケジュールの表示がないだけなので、放映自体は(そう遠くない時期に)するつもりなのだろうけど、仮説1でも2でも、AT-Xが当初のスケジュール通り放映できない理由はないはずだ。

あとATで「真月譚 月姫」の放映が決まりました。6月開始。

この調子でシュガー、ぽぽたん、ゆめりあ、このみに等BS-iからもぎり取って来い!

ひぐらし解も7月放送決定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »